YukunP’s diary

古すぎる「定年」のイメージを変えたい! 今の定年は違うんです

がん治療と投資は似ているらしい

楽天証券客員研究員の山崎元氏が自身のがんの治療について記事にしています。

山崎元、癌になってみて考えた。「どうでもいいこと」と「持ち時間」(トウシル)

治療と投資は似ている、という視点が興味深いです。

1.「楽に結果が得られる治療法」は「楽に儲かる投資法」に似ている

世間には「標準治療ばかりが癌治療ではない」という意見があり、~治療の選択肢の中には、「上手く行ったケースが過剰に強調されているもの」や「楽に結果が得られそうで魅力的なもの」などがあり、~この辺りの情報の価値と判断する側の心理の関係は投資の世界によく似ている。「素晴らしい実績のアクティブ・ファンド」や「容易に儲かる投資のノウハウ」のようなものが、つい魅力的に思える場合はあるのが生身の人間としては普通だろう。

ゲームの裏ワザ情報を求めたように、楽なやり方があるのではと期待し、ありますよと言われるとつい信じてしまう、というのが人間だということです。


2.最初に正しい知識とノウハウを持つことことが必要

初期の段階で正しい知識とノウハウに接して理解するのか、誤った知識を先入観として持って回り道をするのかで「大差」が生じてしまい、時には回復不能の状態に陥ることもある。

最初に勉強をせず、楽に結果が得られる治療法、楽に儲かる投資法、といった間違った知識を持ってしまうと、大損したり、取り返しがつかないことになったりする、ということです。


3.病気の現状はサンクコスト(埋没費用)である

サンクコストとは、「事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力(Wikipedia)」のことです。

こう考えることで、どうして癌に罹ったのか、どうしてもっと早く見つけることが出来なかったのか、等の「後悔」をあまりせずに、治療上やれることをやって、使える時間を有効に使おうと気持ちを切り替えることができるそうです。

投資で失敗したときに、「あの時あれをしていたら」「これをしていれば」と思い悔むのではなく、損切りなどして次の手を考える、というのと同じです。


自分の命の次に大切なお金の扱いが上手な人は、自分の命の扱いにも上手である、ということなのでしょう。

 

高齢期の資産運用の考え方

高齢期の資産運用 3つの段階、3つの原則(山崎 元)【楽天証券 トウシル】

3つの段階とは、

1. 45歳から65歳までの高齢準備期
説明:リタイア後の経済・金銭・生活の立案と準備をする期間
課題:計画的貯蓄と効率的運用

2. 60歳から75歳までの高齢前期
説明:運用と資産の取り崩しの両方の生活に入る期間
課題:騙されない金融リテラシー

・まだ自分でお金の判断を十分できる時期
・金融機関からみると主な営業のターゲットである
・どれくらい働くのかを考え、年金はいくらもらえるのかを知る
・資産をどう運用しどう取り崩すのかを考える
・騙されない金融リテラシーを持つ 金融機関のいいなりにならない
・自分で判断できるかどうかで大きく差がつく

3. 75歳以降の高齢後期
説明:自分でできなくなることを想定して運用・金銭管理をする期間
課題:サポートしてくれる第三者

認知症が進み、自分で金融的な判断ができなくなったときにどうするかを考える
・資産のありかを家族、相続人と共有する
家庭裁判所に第三者を後見人にされると報酬を取られ、払い出しが難しくなる
・その対策として任意後見契約を結び、子供を後見人にするのがいい


3つの原則とは、

1. 「人間のリスク」に適切に対処すること
  ⇒ 金融機関の営業マンのいいなりにならない。

2. 計画的で損をせずに資産を取り崩すこと
  ⇒ 毎月分配される金融商品を買うと解約時に高い手数料がかかる。
    インデックスファンドと個人向け国債の組み合わせなら、手数料が少ない。

3. 「唯一の正しい運用法」を終生続ける
  ⇒ 正しい運用法は誰にとっても同じであって、違いは金額の大きさとどれくらい
    のリスクをとるかである。高齢になったからリスクをとらないのは間違い。


つまり、高齢期の資産運用で考えるべきことは、
・運用法は高齢になったからといって変える必要はない
・60歳くらいから計画的で損をしない取り崩しを考える
・注意することは、「人間のリスク」
・75歳くらいから認知症対策を考える


山崎氏自身が60代であり、親にアドバイスした経験もあって、かなり実践的な内容だと思います。
他の専門家と言っていることがかなり違いますが、山崎氏が正しいような気がします。


話を聞いていると、金融業界が本当に信用できないというのがわかります。
山崎氏は楽天証券の客員研究員です。
高齢者は、金融機関の営業マンには関わらず、楽天証券のようなインターネット証券会社を使い、自分で考えて資産運用すべき、ということなのでしょう。

 

60代の資産運用をどう考えるべきか

YouTubeを「60代 資産運用」で検索しました。

 

【保存版】60代からの資産運用と老後対策!【お金の勉強】(お金と時間の学校)

「60代からの投資は基本はやめておこう」が結論です。


50~60代からの資産運用はこれで対策!「〇〇がたぶん一番いい」(井上ヨウスケ / 井上FP事務所)

株式と債券を組み合わせたバランスファンドを一個だけ持って、それを証券会社の定期売却サービスを使って定額または定率で取り崩す、というのが楽でお勧めとのことです。

確かに一度設定すればあとは楽かもしれませんが、リターンの割には手数料(運用管理費用、信託財産留保額など)が高いということにならないか気になります。


【50代から投資先】老後へ最強・安心なポートフォリオ!60代・投資初心者にもおすすめ資産運用術(【投資家】ぽんちよ)

資産のうち貯金のまま残す割合を「年齢×%」とする考え方を紹介しています。つまり60歳なら60%を貯金し、残りの40%を投資します。

また、2000万円などの明確な目標を設定することを勧めています。

さらに、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を例にとり、株式と債券に半分ずつ投資することを勧めています。

その他に、オールシーズンズ戦略という株、中長期米国債、金、コモディティに投資する考え方も紹介しています。リスクが低く着実なリターンが期待できるそうです。
投資イコール株ではなく、債券、金、不動産も考えて欲しいと力説しています。


高齢期の資産運用 3つの段階、3つの原則(山崎 元)【楽天証券 トウシル】

50代から80代まで幅広く分析しています。
目標を設定しないこと、年齢によって運用方法を変える必要はないこと、など他の人とは違った主張をしています。


これだけ人によって違うと何が正解かわかりません。

井上ヨウスケ氏の解説で興味深いのは、アメリカでは確定拠出型年金(DC)の普及に伴って一般市民の多くが投資するようになったが、認知機能が低下した高齢者の資産運用の問題に対する答えはまだでていないということです。

何が正解かわからない、アメリカの進んだやり方を参考にすることもできないというなら、自分で考えるしかないのでしょう。

 

定年後再雇用で働いていて暇になったときどうすればいいか

イデアその1 いままでよりも時間をかけてできるだけ丁寧に仕事をする

現役時代はスピード重視、仕事量重視でできるだけたくさんアウトプットし、もし間違っていても後の人にフォローしてもらい、チームワークでなんとかしていたと思います。
再雇用でもその習慣が続いているのではないでしょうか。

この習慣をやめます。もはやスピードや量を期待されていないのでそれが可能です。

情報が遮断されていてチームワークが機能しない状況になってきてもいます。

後の人のフォローがいらないように、自分で何度もチェックしてアウトプットの精度を上げます。
チェックプログラムを作るのもいいと思います。
ミスをすると年齢のせいにされる偏見対策のためでもあります。


イデアその2 退職時の引継ぎ資料、作業マニュアルを前倒しで作る

その理由は、おそらく退職の間際になって引継ぎ資料を作るように言われると思われるからです。
最後の1年を短日数勤務にした場合にそんなことを言われたら、仕事と作業マニュアル作成と引継ぎ説明で残業する、忙しくて休めない、となりかねません。
そうならないようにかなり前から引継ぎ資料を作っておきます。

もう一つの理由は、自分の中でだんだん仕事に関心が薄れ、忘れてしまうので、自分が思い出すために作ります。聞かれたときにすぐに論理的に答えられるようにします。これが本当の理由です。


十分に準備をし、余裕を持って退職後に確実に次のステップに移れるようにしたいものです。

定年後再雇用の5年間は長い

定年後再雇用の4年目になりました。
50代の10年間の会社生活はあっという間でしたが、60代の再雇用の5年間は長く感じます。

長く感じる理由は時間に余裕があるからで、その理由は、
・会議に呼ばれないので会議に消費する時間が減る
・従来の仕事は整理・改善されて減る方向にある
・嘱託社員には新しい込み入った仕事を頼みにくい なぜなら嘱託社員は情報が遮断されているため、背景などの説明が必要になるから
といったところです。

従来の仕事がそこそこある場合でも、こういう状況だとだんだん暇になります。

なので、休みをたくさん取り、この時間を第二の人生の準備期間として使います。

何も考えずに65歳までフルに仕事をして急に退職すると、どうしていいかわからず、迷い、悩むと思います。

再雇用の5年間は65歳以降のことを考えるいい機会です。

そして最後の1年は週3日勤務にし、65歳以降の生活にうまく移行できるよう、心と体を慣らす、という作戦がいいのではないでしょうか。

 

60代女性向けの生き方指南本はなぜ「やめる」「捨てる」「頑張らない」でネガティブなのか

最近、女性ライターが書いた、または女性編集者がまとめた60代女性向けの本が多く出版されている印象があります。

キーワードが似通っていて、分類するとこんな感じになります。

行動
・やめる
・頑張らない
・持たない 身軽に 断捨離 ダウンサイジング

見た目
・小さな シンプルな コンパクトな
・豊かな

感覚
・心地いい 快適
・自分らしく

感情
・楽しく ご機嫌な
・好きな物だけ


「やめる」ことがよほど好きなようで、無理やり「やめる」に押し込めています。
無理なく健康を維持する ⇒ 健康のために無理をすることをやめる
節約する ⇒ お金を無駄にすることをやめる


考えるのをやめ、やるべきことでもやりたくなければやらず、好きなことだけやればいい、自己中心的に生きればいい、というようにも読めます。

それでうまくいくはずがありません。


そうではなく、よく学び考える、年齢に合わせできる範囲で頑張る、無理なところは周りに助けてもらう、といったポジティブな考え方をするべきではないでしょうか。

この手の本も女性の「先輩」のアドバイスをまとめているはずです。
先輩方がうまくやれているわけではないので、それを見習ってもうまくはいくとは限りません。

60代女性においても、先輩方のアドバイスが自分たちの世代、年齢には当てはまらないということなのかもしれません。

 

「気高く生きる 100の知恵」の本に高齢男性の問題点が凝縮されています

気高く生きる 100の知恵 (TJMOOK) 2022/12/13

表紙の一番大きな文字に「還暦後の人生を、自信と誇りをもって生きる」とあります。

そして表紙の人物が「国家の品格」の著者の藤原正彦氏であり、彼が1943年生まれの79歳であることから、戦前、戦中生まれ、団塊の世代から見た、理想の生き方、生きるための知恵が書かれている本であることがわかります。

それを今の60代にも勧めたい、というのがこの本の主旨のようですが、かなり違和感があります。


「先人たちの生き様」「気高くあり続ける」「矜持」「輝いた生き方」「自分にしかできないこと」「何を成すべきか」
⇒理想が高すぎるのではないでしょうか。


「60歳は人生の中間地点」「後半戦」
⇒どう考えても60歳は中間地点ではなく、終わりの始まりです。
少ない資源、逆風の中でどうやりくりするか、という撤退戦であるべきです。
現状を認識して作戦を立て直す必要があるのに、今までと同じことをやろうとするのはどうかと思います。


「(老いを)受け入れる」「肯定的に楽しむ」「忙しい日々がアンチエイジング
⇒老いは自然なことです。肯定否定は意味がわかりません。楽しむものではありません。老いに対する向き合い方もおかしいと思います。


「(お金を)残すのか使うのか資産の流儀を見極める」「寄付という資金の使い方」
⇒資産運用とか将来の収支一覧を作るという話が一切ないのに驚きます。


「虚心に病と向き合う」「考えても仕方がない」
⇒思考停止のような態度はどうかと思います。勉強し、熟慮して対策し、最後はあきらめが必要ということではないでしょうか。


「自分のことは自分でできる」「パートナーに愛を伝えておく」「一緒に過ごす時間を大切にする」「個を尊重する」「変えるべきは自分の振る舞い」
⇒これらは戦前、戦中生まれ、団塊の世代が家庭でやってこなかったことです。
言葉で言っても今までの行動が違えば嘘に聞こえます。行動で示すべきではないでしょうか。家族の章から問題の根深さがわかります。


こうなってはいけない、見習ってはいけないという、先輩方の問題点が凝縮されている、ある意味よくできた本だと思います。